植物性乳酸菌の話

新感覚・新食感

生きたまま腸まで届く植物性乳酸菌発酵食品「食べドレ」

介護の体験から生まれた発酵食品

 

▪️食べドレ誕生の由来

今から約40年前、祖母と母を12年間介護していた時に必死で考え、作ったのが「食べドレ」の原点。

まだ介護という言葉が一般的には使われておらず、

紙おむつなどの介護用品も一切なく、自宅介護が当たり前の時代。

母が熱を出し、苦しそうにしているのを見て「何とかしてあげたい…」と一念発起し、

家にあったあり合わせの野菜で工夫して作ったのがはじまりでした。

 kaigo_syokujikaijo.png

 

 

▪️食べドレに含まれている植物性乳酸菌とは?

 

通称:スミレ株

 

〈 特徴1 〉 生きる力が強い

→ 胃酸や胆汁に強く、生きたまま腸まで届く可能性がある

→ 凍結・解凍を繰り返しても生きている

→ ただし、45度超になると生きられない

   

〈 特徴2 〉 人間に好ましい、味・におい・香りを出す

 

 特徴3 〉 制菌効果が強い (他の雑菌等を増殖させない)

 

line_vegetable.pngline_vegetable.png

 

 

▪️植物性乳酸菌の効果について

植物性乳酸菌は、人間の体にたくさんの効果あることがわかってきています。

・便秘や下痢を防ぎ、腸の働きを促進する

・病原菌の侵入、増殖を防ぎ、体の免疫力を高める

・腸管免疫ができることにより、アトピーや花粉症などのアレルギー対策

・ビタミンを合成し、カルシウムの吸収を促進させる

・ガンの予防と発ガン物質の排出効果

・体内のコレステロール吸収を抑え、血中コレステロールを減少させる

 

       meneki_good.png

 

植物性乳酸菌は、体内で2日から7日で体外に排出されます。

継続して摂取することが望ましいといわれています。